ホーム>Staff Blog>2015年11月

2015年11月

Meme pas peur‼

楽しかったフランス旅行から 帰ってきて はや 1か月以上が 経とうとしています

 

そんな中 先週の 金曜日の夜 恐ろしいことが起こってしまいました 

 

まずは センム♪さんの ブログで パリ在住の 星野さんの 無事を確認して ひと 安心 confident

 

私たちの滞在中の 金曜の夜と言えば・・・

パリの高台から夕陽を見ようと サクレクール寺院に行ったり
1447667746249.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間に1度のエッフェル塔の シャンパンフラッシュを見に トロカデロ広場に行ったりと・・・

1447667724908.jpg
 

 

 

何かと 人の集まる場所に出掛けていました shock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行中は 「テロ」の事は 頭のず~っと隅っこに 無くはなかったのですが
正直 浮かれていました coldsweats01   スミマセン sweat01
いつ どんなタイミングで 事故に巻き込まれても おかしくない状況たったのかと思うと
他人事ではありません

パリは いつまでも 私たちのあこがれの街で あって欲しいし
世界中の どこでも こんな事 二度と起こって欲しくないです weep 

 

いつまでも 浮ついていると クリスマス xmas は もうすぐ sweat02

そろそろ 気を引き締めて行きますよぉ~ happy02

マリーポールさん夫妻 ♪

今を さかのぼること 20うん年前・・・

「ファンベックすずき」の 社員旅行で 連れて行ってもらった
初めてのパリ airplane

そこで感じたのは 「フランス語がしゃべれたら 次は もっと 楽しいに違いない heart04 」

 

それで 通い始めたフランス語教室

そちらの先生が
「そう言えば 僕が大学時代に住んでいた ストラスブールに マダムが日本人の
ケーキ屋が あったなぁ・・・ think  僕の友達に連絡して 働けるかどうか 聞いてもらおう happy02 」 

なーんて 本人は それほど 積極的でもなかったのに どんどん話は進んで行き・・・

とうとう 女1人   修行する事になっていました sweat02 

 

今思えば 良く そんな勇気が あったものだ・・・ と 自分の事ながら 思ったりしますが・・・ coldsweats01

 

そのマダムを 頼りに 一大決心をして ストラスブールに降り立った訳ですが
実際 行ってみたら  シェフである 旦那さまには 話を通していなかったらしく
「うちじゃ 働けないわよ wobbly 」って・・・ shock

住まいも そちらの お嬢さんが 日本に留学していて 部屋が空いている という話だったのに
「娘が 貸すの イヤだって 」  って・・・ shock

仕方がないので ケーキ屋の レジの所に
【日本人の 女学生が 部屋を探しています house 】  と言う お知らせを張ってもらって
住まいを探していたのですが
それをたまたま見た マリーポールさんが 「うちの 部屋を どうぞ happy01 」 と 申し出てくださったのです sign03

 

前置きが長くなりましたが 私と マリーポールさん夫妻との出会いは こんな感じでした 
これって けっこう 運命的ですよね shine

そのおかげで ホームシックにもならず 頑張れたと言うのに 今回の再会は 実に15年ぶりです happy02

 

待ち合わせは ストラスブール駅 
1446371023260.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TGVが開通して すっかり 近代的な駅に 生まれ変わりました flair (建物の周りを ドームで覆っただけですけど )

 

あっ キターーーーー happy02    変わってない・・・ 

旦那さまは もう 定年して 隠居生活だって メールでやり取りはしていたので お迎えをお願いしたのだけど
マリーポールは わざわざ 仕事を休んでくれたそうで まず それに感激 shine

挨拶で ほっぺに (*´ε`*)チュッチュって した時 泣きそうになりました crying  

 

車で 高速に乗って 向かったのは アルザスワイン街道沿いにある 小さな村 リックヴィル 
1446371338852.jpgマリーポールさんと
旦那さまの ピンさん と
私 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1446371392154.jpg1446371414553.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おとぎ話に出てきそうな かわいい村です note   レストランのまえで・・・
1446371352975.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1446371433107.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは名産のテーブルクロスや マリーポールにいくつも飾ってある 魔女の人形を ゲット rock

 

その後 もう1カ所 リボヴィレ と言う村にも 寄ってもらいました

そこはコウノトリが住みつく村で 煙突の上に作ってある巣を  downココ   いくつも 見つける事が出来ました
1446371443128.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも もう少し早く ここを 訪問すれば コウノトリのご利益が あったのか sign02      

時すでに 遅し ( 爆bomb )

 

 

楽しい時は あっという間 confident

 

なんせ 日帰りの慌ただしい滞在なもので
日が暮れると もう 帰りの心配をしなくてはなりません weep

また ストラスブールに 戻ってもらって 駅の近くのレストランで 軽い夕食です
1446371459590.jpg

電車の時間まで あまりなかったので
早く出来る料理を 選択 note

 

 

マリーポールさんは リゾット

 

 

私は 生野菜サラダの Petit delicious

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから 仕事終わりで 駆けつけてくれた 娘さんが 参加 
こんなに小さかったメロディー(Melodie) が  すっかり 大人になっていたので 誰だか判らなかったくらいです wobbly
1447065915322.jpg 

ピンさんは ラオス出身  なので メロディーは ハーフですね confident 

 

1446371475989.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅のホームでは 別れを惜しんで みんなで もう一枚 camera

1446371486149.jpg

「次に来る時は 少なくとも2日はストラスブールに来て
我が家に泊まってね・・・ sign01 」

「うん わかった happy01  必ず heart04 」

なんて また近いうちの再会を約束して
サヨナラしました weep

 

 

 

 

 

パリに着いたのは 22:35  
この時間に地下鉄に乗るのは 危険かなぁ と 思っていたのですが
思いのほか 空いていました

1446371499718.jpg

こんな恐い顔して乗ってれば
誰も 寄って来ません coldsweats01

 

 

 

(とうとう 足の痛さに耐えきれず
残り2日と言うタイミングで
運動靴を 購入 sweat01

 

旦那さまにとっては
パリで一番の 高額商品となりました

 

 

Opera駅に着いたものの パリ最後の夜
そのまま ホテルに帰るのは もったいなくて  また 行っちゃいました

Leon de Brexelle   レオン ド ブリュッセル   ムール貝の お店

1446371511538.jpg

 2人で1個 を つまみにして
ビールで 乾杯です beer

 

 

 

 

最後の フライドポテト

 

 

 

 

ムール貝が ホント ふっくらしていて
うまっ happy02

 


ウチの近くに こんな店があれば
も~  通っちゃうのにぃ~ smile 

 

 

 

 

 

さんざん 飲んで 食ったこの旅も
これで 食べ納めでしたぁ 

日本に帰って 乗った体重計の 数値に
目を疑ったのは 言うまでもありません coldsweats01

 

1446371519976.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望郷の旅 ♪ ストラスブール

旅の日程の最終日 私の 第二の故郷 ストラスブールへ 向かいました bullettrain

私が修行していた 1992~94年 (もう23年も前かぁ coldsweats02 )
当時 建設中 (計画中❓)だった TGVが 開通して 
4時間かかっていた パリ➡ストラスブール間が なんと 2時間ちょっとになったので
日帰りが 可能になりました sign03

朝 8:25 パリ東駅 出発      パリは 雨でした rain
1446370982674.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TGVは 思い切って 1等車を 予約 shine (3か月前の予約で 1等と 2等が それほど変わらなかったので・・・)

1446371004908.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 初めて 食堂車も挑戦 happy02
1446371013059.jpg

のどかな
田園風景を見ながら
朝ビール beer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に ストラスブール到着です        クレベール広場     雨はまだ降ってません happy01
1446371034261.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは お世話になった Patisserie Naegel パティスリー ネゲル さんに ご挨拶
1446371089328.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1446371097271.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1446371192068.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずの 品揃え   そして  相変わらず ボリューミーです coldsweats01
パリより 1~ 1,5€ お安いみたいです

何のアポも撮らず (ゴメンナサイ bearing )
11時ころ伺ったところ 前日が 定休日だったため  とにかく 忙しそうで・・・

「一緒に写真 撮って 」  なんて とても言えない雰囲気  shock

それでも 当時一緒に仕事をしたメンバーが いまだに 2人働いていて
少しの間 話をする事が 出来ました happy01  変わってないし  懐かしかったぁ~ note

 

ネゲルを出ると すぐそこには 世界遺産  ストラスブール大聖堂です 
1446371235614.jpg

 

また 雨が降り出しました rain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど お腹も空いたので すぐ脇のカフェで ランチです restaurant
1446371261347.jpg

 

 

これは アルザス料理

タルト フランベ

タルトと言うと 甘いのかと思っちゃいますが
薄いピザ生地に フロマージュブランや
クレームエぺス 塩コショウ などで作ったソースを
塗り 上に ベーコン スライス玉ねぎ を乗せて
焼いたものです

 

 

私は これが 大好きで
ピザとも また違う軽さが
後を ひきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え この大きさ
1446371286979.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危うく さっき ネゲルでゲットしたケーキが 食べられなくなるところでした bleah
1446371297208.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カフェは 持ち込み自由なんですよ・・」 と言う 星野隊長の言葉を思い出し 
堂々と 食べちゃいました smile
やはり 作りたてのケーキは 美味しかったです 

旦那さまは あこがれの テラスでの 食事に 大満足
1446371250231.jpg
なにしろ 昼間から テラスで ビールやワインを飲んでいる
フランス人に かなりの
カルチャーショックを 受けていたみたいで・・・

 

 

 

 

 

って 自分も いつも
昼間っから・・・
なんですけどね happy01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は プティット フランスと呼ばれる 運河沿いの 地区を回って・・・
1446371317576.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨だから こんな顔ですが・・・
1446461294487.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ マリーポールさん夫妻と 待ち合わせです heart04heart02